*

厚生労働省が認めている育毛成分とは

公開日: : 最終更新日:2017/08/31 厚生労働省認可の育毛成分 ,

厚生労働省も認めている育毛成分を紹介しましょう。

これから育毛剤を選ぶときに役立つかもしれません。

・ミノキシジル

世界中で発毛の効果が認められている成分ですが痒みやしっしんなどの副作用があり心臓疾患があると使用できません。テレビCMでも宣伝している「リアップ」に配合されています。もともとは育毛の成分として開発されたのではなく高血圧の薬として開発されましたが使った人に多毛症の副作用が現れたので育毛剤に配合されるようになりました。

 

・オウゴンエキス

オウゴンエキスはコガネバナというロシアやモンゴルに自生する植物の根から抽出した成分です。男性ホルモンDHTやを5αリダクターゼという酵素を抑制し副作用がない安全な成分として多くの育毛剤に配合されています。

 

・センブリエキス

もともとは胃腸のための漢方薬の成分ですが血行促進作用があるので育毛剤の成分として多くの育毛剤に配合されています。毛母細胞を活発にしたり保湿もしてくれるありがたい成分です。副作用の心配もほとんどないでしょう。

 

・エビネランエキス

エビネ蘭という植物から抽出したエキスで乾燥しやすい頭皮を保湿したり抗菌作用や血流促進作用があるのが特徴です。

 

・M-034

北海道の日高地方で取れる三石昆布のエキスから抽出した成分です。リアップに配合され発毛効果があると認められているミノキシジルと同じような効果があると言われています。

 

・塩化カルプロニウム

もともとは胃腸薬として開発された成分です。血管を拡張させる作用が頭皮の毛細血管に有効で血流アップが期待できます。抜け毛予防にも良いそうです。

 

・6-ベンジルアミノプリン

サイトプリンという別名がありかみの毛の細胞を活性化させる働きがあります。
男性型脱毛症の原因の一つ男性ホルモンヲ抑制し」抜け毛の予防にもなります。

 

・フィナステリド
飲む育毛成分です。前立腺の治療薬だったのですが発毛効果も確認されています。プロペシアとして販売されてますが市販で購入できません。女性は絶対に使用したり触ってもいけないといわれています。

 

・ペンタデカン酸グリセリド

頭皮の毛細血管を拡張したり男性ホルモンヲ抑制するはたらきがあります。毛母細胞の細胞分裂も促進するとか。

 

・t-フラバノン

花王が開発した独自の育毛成分です。毛球部にダイレクトに作用し毛母細胞をサポートし髪の毛を抜けにくい強いものにしてくれます。

 

・アデノシン

もともとは人間の体に備わっている成分で血行を促進させる働きの他成長因子、FGF-7の生成をアップさせる働きも確認されています、。

関連記事

記事はありませんでした

ホーユー ナチュラインカラートリートメント ブラン

出典:ホーユーダイレクト ホーユーのナチュラインの新色

リプレアex 口コミ 2か月で効果が出るって本当?

リプレアex の口コミでわかったことをお伝えします  

リプレアexを使った人の口コミ

  テレビ通販で注目されている育毛剤「薬用リプ

リプレア育毛剤 口コミ CMは本当?

愛しとーとの薬用育毛剤リプレアex   テレ

リプレアexは授乳中も使えるか確認

リプレア育毛剤は授乳中に使えるの?   女性は出

→もっと見る

    PAGE TOP ↑